梅花山泉涌寺安樂院は小田原市国府津にある真言宗東寺派のお寺です

訃報連絡

24時間対応

動画のページへ facebookページへ

 

真言宗 安樂院

〒256-0812
神奈川県小田原市国府津1762
TEL:0465-47-2535

携帯サイトはこちらから

>
つぶやき

つぶやき

2021/01/16 山頂に(住職)

朝から暖かく天気予報通りです。とても真冬とは思えません。富士山山頂に雲がかかっているせいか、風が出てきました。

2021/01/14 どんどん焼き(住職)

 〽️どんどん焼き14日…

どんど焼きとも左義長(さぎちょう)とも言われています。

上新粉と白玉粉を使ったお団子さん(白色、赤色、黄色、緑色、茶色)を丸めて木の枝につけて玄関に飾りました。 

夜6時過ぎ、外したお飾りを燃やしお団子を焼いて、焦げた団子を砂糖醤油で食べて一年間の無病息災を願います。

 

火は穢れを清め、上る煙に乗って正月の神様が帰ります。

 

小田原市も感染者数300人!時間の問題です。

お互いに気をつけましょう。

2021/01/13 うっすらと(住職)

昨日の雨で箱根連山は僅かに白くなっていました。外に停まっている車のフロントガラスはしっかりと凍っていました。

  

地面は霜げていて、道路はキラキラと凍っているのがわかります。急ブレーキに気を付けて運転します。

2021/01/12 ブルッ(住職)

下曽我のMクリニックに行きました。10時50分に行ったときは診察待ちの患者さんで一杯でした。診察終わって帰るときは誰もいませんでした。病状は取り越し苦労でしたが薬を処方してもらい様子見です。

昨日の天気予報で雪が降ると言われていますが案の定、国府津は雨でした。あすの箱根連山は雪化粧でしょう。豪雪地帯の皆様ご心配です。気を付けてお過ごしください。

2021/01/08 ついに(住職)

昨夕、新型コロナ特別措置法に基づく緊急事態宣言が1都3県に発令され神奈川県の黒岩知事は「生活に必要な場合を除いて、徹底した外出自粛を要請します。特に20時以降の不要不急の外出は自粛してください」とのコメント。これで治まるのだろうか?昨年のように学校が休校とか現場では大変でしたが、思い切った措置を取らないと…。小田原もあっという間に227人です。

神奈川新聞1月8日朝刊より。

2021/01/07 七草粥(住職)

 今日は七草粥です。春の七草は

芹(せり):競り(せり)勝つ
薺(なずな) :なでて汚れを取り除く
御形(ごぎょう) :仏の体
繁縷(はこべら) :繁栄がはびこる
仏の座(ほとけのざ) :仏の安座
鈴菜(すずな) :神を呼ぶための鈴
清白(すずしろ) :汚れのない清白

七草粥を食べるということは、一年の無病息災を祈るとともに、お正月のおせち料理などで疲れた胃や腸を休めるという意味もあるのです。

それぞれの草に身体に良い効能があり昔から経験的に食されていたのでしょう。

    

 〽️七草なずな  唐土の鳥が 日本の国に 渡らぬ先に ストトンストトン〽

❝ある日の富士山❞で見るごとく山の頂に雲がかかり、朝から風が吹き荒れています。

2021/01/05 更新(住職)

ホームページ❝ある日の富士山❞のリンクの仕方をソフト会社に問い合わせ遠隔操作で直してもらいました。

昨日まで❝つぶやき❞に載せてありましたがすべて❝ある日の富士山❞に移行しました。

2021/01/04 仕事始め(住職)

正月三が日の気分が抜けず、今日から仕事始めの業種の方々も多いと思います。お寺も例年ですと地元の檀家さん宅へ年始の挨拶に回ってます。コロナ禍で回ることもできず止む無く発送でした。

2021/01/03 三日目(住職)

箱根駅伝復路を今日もテレビの前で観戦。沿道に昨日同様沢山の応援者が出ているけどコロナ感染は大丈夫でしょうか?

2021/01/02 暫く(住職)

箱根駅伝で今日はテレビにくぎ付けです。順位が予想通りにはいかないですね。

優勝候補の大学がブレーキがかかり番狂わせでした。

2021/01/01 謹賀新年(住職)

午前9時に長男と小田原東郵便局に行って安楽院だよりと暦の発送をした。今年もコロナ禍であいさつ回りができません。

4日までには届いて欲しいですね。

2020/12/31 霜柱(住職)

昨日少し雨が降ったことで今朝、霜柱を見ました。

コロナ禍で一年を終えようとしています。小田原市は24日現在感染者数が134人でしたが、30日現在164人に増えていました。

例年の如く23時45分から本堂で般若心経21遍寺内静謐・家内安全併せてコロナ禍早期終息を読誦します。お参りはご自由にどうぞ。一年間お世話になりました。

  

 

2020/12/27 発送(住職)

昨夜遅くまで日が代わってから床に就きました。朝9時過ぎに郵便局へ年賀状を投函してきました。一安心も束の間

 

安楽院だよりの新春号原稿作成に取り掛かり、今夜も夜なべ仕事で遅くなりそうです。

2020/12/26 大掃除(住職)

昨夜のだるま市から一晩経って今日は位牌堂から大掃除でした。位牌を一基づつ拭いて元に戻す。手伝いの方が4人来てくれました。位牌堂から本堂内陣、外陣、本堂向拝、客殿玄関と一年の埃を除き来る新年に備えました。

  

昨夜、修法した護摩壇を綺麗にして内陣へと移動しました。

2020/12/25 だるま市(住職)

午後1時から境内でのだるま市が始まりました。お店も人出も例年の7割弱くらい?

 

  

2020/12/24 前支度(住職)

今朝の富士山は久しぶりに傘雲を見ました。詳しくは❝ある日の富士山❞をご覧ください。

明日のだるま市の支度です。

 

今年は隣の菅原天神社で露天商が出ないので、例年になくダルマ市の電話問い合わせが多かった。

2020/12/22 下水工事(住職)

お寺の裏の住人のお家から出る下水がつまり、マスが見つからなくて朝からアスファルトをはがして探る。

  

 

どうやら見つかった。

2020/12/21 今日は(住職)

本堂で午後1時半から神奈川県大和講国府津支部の例会。終い大師です。終わった後のお茶で今日は冬至ですねと言われた。

 

知り合いのSさんから本柚子が届きました。

うっかりしてました!いつも22日?柚子湯に入って暖まります!

何故?柚子湯に入るんだろう。ネットで調べました。

冬至の日、柚子湯に入ると風邪をひかずに冬を越せると言われています。

柚子(ゆず)=「融通」がきく、冬至=「湯治」。こうした語呂合わせから、冬至の日には柚子湯に入ると思われていますが、もともとは運を呼びこむ前に厄払いするための禊(みそぎ)だと考えられています。昔は毎日入浴しませんから一陽来復のために身を清めるのも道理で、現代でも新年や大切な儀式に際して入浴する風習があります。

2020/12/18 井戸修理(住職)

井戸の底までいっている管の先端にある弁が故障で交換。管を井戸から引き出したら9m20㎝の長さがあった。

  

  

  

今までのポンプの位置を井戸の傍に移動した。

2020/12/17 続お墓掃除(住職)

昨日に引き続き今日も寒い中、16人来ていただいた。午前中で終えることができました。朝は外気温が昨日同様零度です。

蠟梅や八重の白梅が咲き始めました。年末まで半月を切りました。

2020/12/16 お墓掃除(住職)

 小田原シルバー人材センターからお墓掃除に28人来てくれました。「住職、今朝は外気温が零度」と掃除の方が言ってました。寒い中、有難いです。

2020/12/15 富士山の雪(住職)

朝、富士山の一部分だけに山頂から麓まで雪が積もった不思議な姿が見られました。

今年最後の御詠歌の練習でした。一年間の成果が現れているのでまずは一安心!

 

2020/12/14 今年最後の(住職)

慰霊祭です。風が強く心配していたと読経後の小田原佛教会会長談。私を含めて11人の僧侶出席でした。

 

 

2020/12/13 一夜明けて(住職)

塩ビ管の伸ばした部分の接着剤が乾いたので試運転です。ポンプの側はステンレス製です。井戸の中にある弁が動かないらしい?水が上がってこない!井戸の蓋をどかして弁の交換をしなければならない。

 

気温が下がってきたのかイチョウの葉が日中風もないのにハラハラ落ちている。

 

2020/12/12 交換(住職)

午後から朝日配管さんが井戸ポンプを交換にきてくれました。型番から類推して約30年間使用していたそうです。

 

 

新しいポンプは少し小型になった為、井戸からきているパイプ二本の継ぎ足しをしました。

2020/12/09 練習(住職)

ご詠歌の練習が午前9時から、また別階級の講員さんの練習が午後1時からそれぞれ本堂外陣で行われた。

 

裏の排水路の点検を行う。

2020/12/08 アンテナ交換(住職)

11月中旬ごろからテレビの映りが悪くなっていた。日によって映らないチャンネルが違った。いつもの松下電気工事さんにアンテナを大きくして、取り付け場所も変えた。今までのレベルの倍良くなる。

 

 

2020/12/06 寿命交換(住職)

昨日から井戸水が出ないと家人に言われて、業者さんに連絡。朝、来て見てもらったらポンプが動いてない。私がこの寺に来てから一度ポンプを取り替えていることは認識しています。いつだったかは定かではないが……。暫く境内水屋の右二つと渡りの左側蛇口からは水が出ません。

  

2020/11/30 月(住職)

11月終わりの月が満月でビーバームーンと言われています。副住職が写真を撮って送ってくれました。

明日からは師走です。

2020/11/29 期待(住職)

東京の檀家さんが法事に電車と自家用車で来寺。GoToTravelキャンペーンが一時停止になったので東名高速も電車も空いていたそうです。先週まで高速道路は混んでいました。自粛して早くコロナ禍から脱出してほしい。

境内の様子も秋から冬へと移りつつあります。冬の花の水仙が早々と咲き始めました。本ユズも収穫?できそうです。詳しくは❝いまどき山内⇒境内❞をご覧下さい。

2020/11/27 練習(住職)

午後から本堂外陣で木揚の練習。高野山一番と三番を連唱で唱え、不動明王・釈迦如来のご詠歌を木揚で唱える。少し難解だったが次回が楽しみです。

2020/11/26 慰霊祭(住職)

小田原市慰霊塔での今月当番は遺族会の緑支部と富水支部の会員の方々です。掃除が終わって午前10時から読経。

  

  

2020/11/25 人間ドック(住職)

朝から伊勢原のT病院で人間ドッグ。コロナ禍で肺活量検査ができなかった。残念です。またの機会に検査してくれるのを楽しみにしています。

  

2020/11/21 例会(住職)

本堂で午後1時半から神奈川県大和講国府津支部の例会。

 

普段の練習ができないので所作が複雑なご詠歌に戸惑っていた。何度か練習してできるようになる。

2020/11/20 いよいよ(住職)

境内の銀杏の葉が色づき、葉が落ち始めました。世間の銀杏に比べると色づくのが遅い。

 

失せもの(住職)

3日前から見つからない手紙が気になり、つぶやきを更新することもままならなかった。夕食後、机の上の郵便物を床に卸して1枚1枚点検し始めた。長男が❝何を探しているの?❞と言うので❝葉書を10枚ほど束にしてあるのが見つからない❞。長男が❝ほかの部屋にあるんじゃない?❞。そうかなと思いながら尚も片付けていたら、❝あったよ、他の部屋に❞。思い込みで探している自分にがっかりした。そのうちに何を探しているのかわからなくなるのかな………。取り敢えずあってよかった。やれやれです。